英検1級に必要な単語数を達成する語源学習


英検1級に必要な語彙力は15,000語彙といわれています。かなりスピーキングやライティング(海外大学院卒業レベル)のアウトプットがあっても最低10,000語彙レベルが必要です

このレベルの単語数を修得するには、片っ端から覚えるのは不可能です。このとき、語源学習が必要になります。

語源学習とは、例えば日本語でくさかんむりがついていれば、草に関係あると分かります。「葦」が読めなくても、なんとなく植物に関係あるのでは?と予測できるということです。

では、presidentはそういう意味でどういう構成になっているかご存知でしょうか?

Pre-sid-ent 前に-すわる-人みたいな意味なんですね

会議で前に座る人ってえらい人ですよね。踊る大捜査線の会議室をイメージするといいでしょうか。

さて、こいうのを覚えていくと、-sid-,-sed-に座るという意味があると分かると、例えばsedimentという単語が出てきた時に、例えばIELTSの試験で化学の問題で出てくると、前後の文脈から(たぶん、二つの物質を混ぜて、sedimentができるとなっているので)ほぼ理系の人間なら、sed..座るに関係あったな、もしかして沈殿物?と予測ができます

1万語彙を超えるつまり英検1級に必要な単語数を実現するには語源はとっても大事なんですが、今まで良い語源辞典ってなかなかなかったんです。

調べていたら見つけました。すごいやつを。

Google先生はすごかった。

Googleの検索窓に、

“define president”と打ってみてください

以下のような感じで詳しく教えてくれます

いつ頃から使われ出した言葉かもわかりすごい辞書です

しかも無料。ありえません。Google 先生はすごかった。