英検1級2次 試験対策 サンプルスピーチ(音声付)②


英検1級2次試験対策のためのサンプルスピーチ(音声付)を無料で公開します!
ぜひ、直前対策などにお役立てください。

2. Is government action the key to dealing with climate change? (英検1級2次 2007年 第1回)

Scriptは↓↓(続きを読んでね)

【スピーチスクリプト】※当校講師による英検1級のサンプルスピーチです

(1) Climate change may be the biggest threat to continuing human existence today; it’s a world crisis calling for a worldwide response.

(2) As individuals, there’s only so much we can do to reverse it, thus, the governments of the world are primary elements to addressing this juncture.

 

(3) Firstly, governments can work together and formulate methods on how to minimize, if not eradicate, the factors causing the changes in climate.

(4) The Kyoto Protocol was an international agreement that sets binding emission reduction targets.

(5) Through this kind of treaties and conventions, guidelines will be set and imposed – therefore, countries of the world would be able to work hand in hand to minimize the effects of climate change.

(6) In addition, the government has the power and is responsible for implementing appropriate measures to deal with climate change in their localities.

(7) Rules and policies such as garbage segregation, minimal use of electricity, and recycling would go a long way to help mother-nature recover from the harsh maltreatment the peoples of the world have been dishing out.

(8) Furthermore, educating the locals about the environment would also deem very beneficial.

 

(9) The world may have become smaller, but the efforts to protect it from global crises have increased dramatically.

(10) The governments are capable of making binding treaties, confronting special interests and pushing us all to make the necessary lifestyle change to reduce the threat of global warming.

(# of words: 229)

 

【解説】
太字部:スピーチの骨子となる部分
下線部: 文章の構成やつながりを表す Cohesive words

イントロ部:(1)&(2)
(1)は、英語スピーチの作法を考えた時に必須ではないが、高得点を狙うなら必ずいれたいスピーチへの導入
(2)は、英語スピーチそしてイントロで必ず入れるべき、結論の明示。政府の関与は重要というスタンスのスピーチ

ボディー部
詳細その①:(3)-(6)
Firstly, と頭につけてボディー部分に入ったことを明示(例をこれからいくつかあげますねという宣言)

詳細その②:(7)-(8)
In addition, – 部は、それに加えて~という構成を示している
国家という立場なら適切な手段を講じれる、例えばルール作りという流れ

結論部:(9)-(10)
True, that …で結論に入ることを明示(Cohesive words)

国家という単位だからこそできる統合的な対策があると結論を結んでいる

※there are certain things that are hindering Japan from being number 1は英検のようなこの後にQ&Aの続くスピーチのテクニックのひとつを使っている
それは、日本がNo1であり続けることを妨げる要因はあろうが…といっておくことで、
この後に続くスピーチで試験官がこの点を突っ込んでくる可能性が高い。
つまり、わざと突っ込みやすい(質問しやすい)内容を入れておくことで質疑で聞いてほしい質問に誘導することもできる例

【このスピーチサンプルを使った学習の仕方】

Nexus 7やiPhoneでグーグル音声検索の設定言語を英語にして、1文ずつ読み上げてみましょう!

【この 英検1級2次試験対策 のサンプルスピーチ記事について】

当校の講師と理系ありながら英検1級一発合格の学長 堀場 英雄が作成しています

音声およびスクリプトは転載自由ですが、必ず出所はバリューイングリッシュである旨を明記ください

バリューイングリッシュでは英検1級1次に合格するほどの非常に高い英語知識を持ちながらも

日本英語教育の弊害で、英会話の練習をしてこなかったために、英会話力と英語知識のギャップが大きい方の

お役に立てる学校を目指しております。すべての英語を真剣に学ぶ人に英語が話せる喜びをお届けしていきます

 

英検1級2次の基本的な対策の無料アドバイスはこちら

【英検 1級 2次 対策①】英検1級二次試験とは

【英検1級2次対策】②トピックの選び方

【英検1級2次対策】③スピーチの作り方

【英検一級2次対策】④弱点克服方法

★★★★★★★★★★★★★★★★

英検1級2次試験対策ならバリューイングリッシュの英検1級2次対策講座

★★★★★★★★★★★★★★★★