英検1級の合格率は10%の狭き門


2016年度第3回の英検二次試験まであと数日となりました。各講師の予約状況ですが、おかげ様でほぼ満員御礼状態です。「もっと受講したかったのに」「無料体験を受けたいけど、講師との予定が合わず受けられない」など、お客様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。受講生の皆様、最後まで全力を尽くして練習に励み、笑顔で当日を迎えましょう(^^)/

さて、今日は英検ネタを書こうと思います。皆さん気になっていると思いますが、英検1級の合格率ってご存知ですか?

英検協会は2014年第2回まで統計を公表しておりましたが、それ以降非公開になってしまいました。なぜ??と思いますが、昔の記録がのこっているのでそれを参考に英検1級の合格率を見てみたいと思います

英検1級の受験者を見ると都市部だけで半数以上を占めています。合格者数(年間):2,738人(内:東京 1,050 愛知150 大阪192)

2次合格率60%: 推定2次受験者数 2,738/0.6=4,563人/年

最終英検1級合格率は毎年大体10%程度ですので、受験者数は年27,380人、1次試験の合格率は16.7%程度ということになります。

狭き門ですはありますが、講師と重ねた練習は必ず本番に活きると思います。ご健闘をお祈りいたします。