【英検1級2次対策】②トピックの選び方


<1分の準備は何をするべきか?パート1>

トピック選びに時間をかけてはいけません。
トピックの選び方にもコツがあります。

★トピック選定のコツ:10秒で選ぶ!★

まず始めの10秒でトピックを選びます。


以下、2005年第3回の問題です
あなたならどのトピックを選びますか?

 

1. Are people today too reliant on what the “experts” say?
2. Which should schools emphasize more, competition or cooperation?
3. Are advances in telecomunications making it less important meet people in person?
4. Does the media have too much influence on politics?
5. “Actions speak louder than words” – Do you agree?



トピックは5つから選びますが大きく2つの問題に分けれます。

1. Are people today too reliant on what the “experts” say?
2. Which should schools emphasize more, competition or cooperation?
3. Are advances in telecomunications making it less important meet people in person?
4. Does the media have too much influence on politics?
5. “Actions speak louder than words” – Do you agree?

●全く前提知識がなくても答えられるトピック
●知識があった方が有利なトピック

あなたならどちらを選びますか?


★トピック選定のコツ:10秒で選ぶ!★
⇒自分が専門知識を持っているトピックを選ぼう!

まず先に専門知識があったほうが有利なトピックを探します。
ここで自分の専門、山を張ったトピックがあったらそれをえらびます。

なぜか?

質疑応答で圧倒的に有利になるからです。


私が英検1級を受けたころラッキーにも出たトピックが原子力発電派推進すべきか?でした。

私もともとエンジニアで、原子力工学を専攻しました。
はっきりいって試験官の知識の100倍は自信があります。

スピーチに必要な理由もたくさん出てきます。
こうすると相手は意地悪な質問はできないので有利にスピーチを運べます。

一方で、あまり知識もないのに専門知識があった方がいいトピックを選ぶと泥沼にはまります。
次に、もし専門知識があった方がいいトピックの山が外れた場合は、一般的なトピックを探してみます。
この場合視点は一つ。私はこう思うという主張がしやすいトピックを選びます。

こちらの場合意地悪な質問を受ける場合がありますが、スピーチは作りやすいのでスピーチでがんばります。


<まとめ>

★トピックは最初の10秒で選ぶ
★専門知識があったほうが有利な問題を探す
★その中から、自分が得意なトピックを選ぶ

▶▶「【英検一級2次対策】③スピーチの作り方」

よろしければぜひバリューイングリッシュの英検1級2次試験対策講座のご受講もご検討ください。

バリューイングリッシュでは、英検1級2次試験対策のための無料英検1級2次試スピーチサンプル(音声付)も用意しています

こちらのURLからどうぞ! (http://valueenglish.com/blog/category/shikaku-taisaku/eiken-1st-strategy/)

◀︎  ② ③ ④