2020年大学入試英語4技能改革で英検も変わる


2020年度に大学入試に英語スピーキング試験が導入されます。

これに伴い、なんと英検2次試験は2017年度から今までの1日程ではなくて、2日程に拡大されます。

これは明らかに今後の受験者数の増大、特に2次試験のキャパシティーを増加するための施策と言えそうです。

今まではReading、Listening、Writing、SpeakingのうちReading(リーディング)のみが大学入試に課されていました。もちろんListening(リスニング)もありますが一部と思います。

常日頃から日本企業がTOEICを活用し、それで昇進要件に影響まで与えていることに疑問を感じずにはいられませんでした。実際に英語の話せる社員は増えていないと思います。

大学入試は日本では一大イベントなので、ここが変わることは大変大きな意味を持つと思います。

リーディング、リスニングに関してはすでにとても良い教材が市場にたくさんあります。

当校はライティングは英検準1級まで、スピーキングは1級まで対応しております。2020年度の英語試験では英検準1級レベルを満点と設定されていますので、当校としましては引き続き英語ライティング、スピーキングの試験対策を英検、2020年度の大学入試改革に照準を当てより質の高い教育を提供できるように努めてまいります。